お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

◆ サービス

アマゾンが特に宣伝しているサービスとして

送料無料サービス
1500円以上の買い物で送料無料(マーケットプレイスは除く) 代引き手数料は別途必要。
コンビニでの支払い
コンビニエンスストアによる手数料無料の先払いによる支払いサービス。在庫品のみ可能。
Amazonモバイル
携帯電話による通信販売が利用可能。一部機種用に向け携帯電話カメラ機能を使いバーコードを読み取る機能の提供も行っている。
お急ぎ便
一定の手数料を支払うことで特定の時間まで当日発送、一部地域での当日配達を保証するサービス。
等がある。

送料無料については、今でこそ当たり前になっているが、オープン当時は全て無料や、総額5,000円以上で無料など、試行錯誤を重ね、客足が離れない、かつ、採算に見合う総額1,500円以上が定着したものである。これには商品に同封される、様々な企業・団体のパンフレットの広告料が配送コストの原資となり、送料無料を支えているなどとも言われる。

そのほかに特筆すべき特徴として、パーソナライゼーション機能があるだろう。これは米amazon.comによって行われているサービスと基本的に同じであるが、amazon.co.jpによっても有効に機能している。(詳しくはamazon.com、「パーソナライゼーション機能」の項を参照のこと。)

また、近年ではカスタマーサービスへも力を入れている。以前は、amazon.co.jpへの問合せ先は、非常に入り組んだ場所あるいは領収書にしか書かれていなかったため、電話による問い合わせが難しく不評であった。それが、2006年後半より「電話でのお問い合わせ」という機能が新たに作成された。これは各ヘルプページなどにある「電話でのお問い合わせ」というリンクをクリックして表示される画面に「電話番号」と「呼び出しのタイミング」(いつ電話をかけて来てほしいか)を入力すると、アマゾンから折り返し電話がかかってくる、という機能である。無論、従来通りの「Eメールによるお問い合わせ」もそのまま残されている。

もちろんこのほかに、一般的なオンライン書店にもいえる利点、たとえば大型書店のない地域では入手しづらい専門書などについて、取り次ぎ在庫等もデータベースを共有し、豊富な在庫から在庫の有無を確認してから注文することや、在庫状況によっては書店での取り寄せよりも早く入手できるなどのサービスや、地方で数日遅れで店頭に並ぶ書籍を地元書店に並ぶより前に入手したりすることができる、等々のサービスも行ってる。 アマゾンではこの点も重視しており、たとえば人気シリーズのハリーポッターシリーズの一冊ハリー・ポッターと謎のプリンスが発売された際、発売日の午前中お届けを確約するなどアピールをしている。

◆ プライバシーの問題

Amazonはサインイン(ログイン)しなくとも、ブラウザに保存されているクッキーを元にアクセスした者を特定して、過去の購買履歴や評価した内容を元に「お勧め」の商品をトップページに提示する。極端な例だが、クッキーが残されていればブラウザでAmazonのURLを入力するだけで誰が猥褻な図書を購入あるいは評価したかどうかを確認する事は容易です。

一部のブラウザはセキュリティホールにより、サーバーを偽装してクッキーを集める事が可能になっている。Amazonのクッキーを入手する事により、Amazonのサーバーからそのクッキーに関与している人物の名前とメールアドレス、商品の購入・評価傾向を集める事ができる。クレジットカード番号、送り先住所、購買履歴などはパスワードによって保護されており、これらの情報を集める事は出来ない。

また米国Amazonは、子供の個人情報を親の許諾なく収集している事で消費者団体から苦情を寄せられた経緯がある。

◆ アフィリエイトサービス

Amazonはアフィリエイトサービスと呼ばれる、店子を開設するサービスを提供しています。そのサービスは、SOAPプロトコルによる高度なサービスをはじめとし、単なるXSLTテンプレートファイルを置くだけで店子を開設する事のできるXSLTエンジンも提供している。

店子は売り上げによって報酬を受けとる事ができる。このサービスは様々なサイトで利用されていますが、現在はその座をGoogle Adサービスに奪われつつあります。

◆ アマゾンを巡るうわさ

世界的に見ても日本におけるAmazon.co.jpをはじめ、Amazonグループは単独としては世界最大のインターネット通信販売会社である。 その大きさ故に、様々なうわさ、情報等がインターネットにあふれている。 それらは誇張されていたり、一部事実と違ったりすることもあるため注意が必要である。例えばある本が、売れ筋にもかかわらず、最大手書籍取扱サイトアマゾンで「現在お取扱いできません」の表示がされること。またアマゾンで書名などを検索してもこの本がヒットしないことを、アマゾン八分だとか、関係国・関係組織の圧力によるものだとか噂されることがあるが真相は定かではない。
巨大になった検索サイトやアマゾンでのうわさです。

アマゾン仕様のコード番号 ASIN

Amazon Standard Item Number の略。Wikipediaの一部の記事にも使われているASINコードは10桁のアルファベットと数字からなるアマゾン.comの商品番号のことである。アマゾン.comとアマゾン.co.jpで同じ商品を扱っている場合は、同一のASINコードになる。2006年12月まで、書籍のASINコードはISBNでのコードと同一であった。2007年1月以降、ISBNの規格変更に伴い、(すでに10桁のISBNが割り振られている既刊書も含めて)ISBNが13桁へ変更される事となった。しかし、現在のところASINコードの桁数自体に変更はない為、両者の間で異なりが生じている。世界7カ国で働くアマゾン社員やパート・アルバイトの人件費を抑えるためにあらゆる管理方法がとられていますがこれも商品管理に欠かせないインフラでしょう。世界7カ国の商品管理がASINによって行われるスケールは今後も拡大路線を進むアマゾンにとっては生命線となってゆくことでしょう。

管理方法はすばらしい

Amazonでは書籍の管理方法をジャンル別、出版社別といったようにカテゴリわけせずにばらばらに配置する。そして書籍をとりにいくときにはホストコンピュータから携帯端末へと情報を送り、どこにあるかを把握する。

そして書籍を納入するときには、書籍につけられたバーコードと棚のバーコードを読み取ってホストコンピュータに登録する。こういった管理方法によって、ジャンルで分けるという余分な手間を省いている。

どこの本屋さんでも図書館でも整理管理する手間が大変な様子がうかがえるので、コンピュータに分類管理させるこの方法は、あらゆる方法に活用できるすばらしいことなので、一度じっくりと観察してみたい。たとえば図書館で見たい本があった場合にコンピュータに探させて、やはりコンピュータに保管場所を指示してもらうことで、探すと取り出すが管理できる。

返却する本もどんどんランダムに棚に保管し、その棚を認識させて検索に反映させる。この繰り返しで効率的に管理保管が出来る。整理しようと考えるからその作業が大変になる。しかし、アマゾンの逆転の発想で管理すればすべてが効率よく、とてもこのシステムはすばらしい!他にも管理しない応用の方法がありそうだ。

海外のAmazon.comでの品物の購入は送料が。

日本在住の人間だからといって日本のアマゾン(Amazon.co.jp)でしか購入できないということはない。英語が出来る人は、実際Amazon.com(アメリカ)に、日本国内から直接発注している人もいて国境がなく品物を購入するできる時代になって、日本国内に商品を発送してもらうことも出来る。

決済は、ドル建てで、国際郵便為替(Money Order)又はクレジットカードが選べるようだ。Amazon.co.jpとほぼ同じ使い勝手なので、買い物自体は簡単に出来るが、万一Amazon.comとの間で何らかのトラブルが生じた場合には、当然直接Amazon.comと英語で交渉する必要が生じるから英語が出来る人は大丈夫でしょう。

しかし、配送や決済などに手数料がかかることを考えると、一部学術書、英語でふき替えられた日本映画、アニメ等の日本Amazon.co.jpでは扱っていない商品を除き敢えてAmazon.comで購入するメリットは少ないのではないでしょうか・・・。

Amazon.comのパーソナライゼーション機能とは

パーソナライゼーション機能とは、過去の購入履歴等から、顧客一人一人の趣味や読書傾向を探り出し、それに合致すると思われる商品をメール、ホームページ上で重点的に顧客一人一人に推奨する機能のことである。

例えばAmazon.co.jpの「トップページ」や「おすすめ商品」では、そのユーザーが過去に購入したり閲覧した商品と似た属性を持つ商品のリストが自動的に提示されるが、それがパーソナライゼーション機能の一部です。気をつけなければならないのは、仕事で使う本を購入する際には、個人で使用するアカウントとは別のアカウントを使ったほうが良いでしょう。

個人で活用するには大変便利で使い勝っての良い機能ですが、ビジネスで使う場合アマゾンのサイトにサインインした瞬間に、過去に買った仕事とは関係のない商品自体とそれを購入したことの証明付きで、大画面表示されることになるので、さあ大変!上司から怒鳴られないように気をつけよう。

ビジネスモデル

顧客至上主義を第一に、顧客へ必要なものを、安く、早く提供する事を掲げている。ジェフ・ベゾスの考えには、アメリカ国内で最大規模の書店が最大で20万点の書籍を扱っているのに対し、インターネット書店であれば、何倍もの種類の商品を扱うことが可能との期待があった。

設立当初の4〜5年の期間は、利益が十分に上がらないことが当事者自身によって戦略として予測されていたことが特徴的といえる。2000年にアメリカを中心に起こったネット不況によって、この戦略の妥当性は裏付けられた。1990年代末に多くのIT企業が急激な勢いで成長を遂げる中、アマゾン.comは堅調な成長を続けた。

アマゾン.comの「低速な」成長は投資家にとっては不評であったが、インターネット・バブルがはじけ多くの企業が姿を消す中、堅調な成長に支えられて2002年の第四四半期にも最大の利益をあげることができた。あまり売れない商品が、ネット店舗での欠かせない収益源になるとする考え方を実践してアマゾンは堅調な成長を維持している。

さらに現在はアマゾン自体では仲介するのみで商品の販売を行わない「マーケットプレイス」といった制度を導入、Amazonウエブサービス等、インターネット上の他のサイト、サービスにデータを提供し、アソシエイトと呼ばれる報酬を支払うことで商品を紹介させるなどのシステム的な性質を強めてます。

欲しい本が見つからないならアマゾンを調べようと一般の人にも知れ渡ってきてます。専門書や技術書が見つかった時の感激はアマゾンでなければ味わえない気がします。

成長

インターネット草創期の1994年にジェフ・ベゾスによってCadabra.comとしてインターネット書店が開業される。この cadabra はアブラカダブラから採られたものですが、ベンチャー計画を弁護士に電話で話した際 "cadaver(死体)?" と聞き返されたため、のちに世界で最大規模の流域面積を持つアマゾン川にちなみAmazon.comと改名されたんだそうです。

Amazon.comとしてのサービスは1995年7月から始まっている。1994年にワシントン州で法人格を取得し、1996年にデラウェア州でも法人格を取得している。1997年5月には株式を公開した。本社ビルはアメリカワシントン州シアトルの小高い丘にある、元病院(PacMed)とは驚きです。着実に拡大してゆくアマゾンは顧客第一主義で今後も成長を続けて行くんでしょう。