お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

ビジネスモデル

顧客至上主義を第一に、顧客へ必要なものを、安く、早く提供する事を掲げている。ジェフ・ベゾスの考えには、アメリカ国内で最大規模の書店が最大で20万点の書籍を扱っているのに対し、インターネット書店であれば、何倍もの種類の商品を扱うことが可能との期待があった。

設立当初の4〜5年の期間は、利益が十分に上がらないことが当事者自身によって戦略として予測されていたことが特徴的といえる。2000年にアメリカを中心に起こったネット不況によって、この戦略の妥当性は裏付けられた。1990年代末に多くのIT企業が急激な勢いで成長を遂げる中、アマゾン.comは堅調な成長を続けた。

アマゾン.comの「低速な」成長は投資家にとっては不評であったが、インターネット・バブルがはじけ多くの企業が姿を消す中、堅調な成長に支えられて2002年の第四四半期にも最大の利益をあげることができた。あまり売れない商品が、ネット店舗での欠かせない収益源になるとする考え方を実践してアマゾンは堅調な成長を維持している。

さらに現在はアマゾン自体では仲介するのみで商品の販売を行わない「マーケットプレイス」といった制度を導入、Amazonウエブサービス等、インターネット上の他のサイト、サービスにデータを提供し、アソシエイトと呼ばれる報酬を支払うことで商品を紹介させるなどのシステム的な性質を強めてます。

欲しい本が見つからないならアマゾンを調べようと一般の人にも知れ渡ってきてます。専門書や技術書が見つかった時の感激はアマゾンでなければ味わえない気がします。