お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

管理方法はすばらしい

Amazonでは書籍の管理方法をジャンル別、出版社別といったようにカテゴリわけせずにばらばらに配置する。そして書籍をとりにいくときにはホストコンピュータから携帯端末へと情報を送り、どこにあるかを把握する。

そして書籍を納入するときには、書籍につけられたバーコードと棚のバーコードを読み取ってホストコンピュータに登録する。こういった管理方法によって、ジャンルで分けるという余分な手間を省いている。

どこの本屋さんでも図書館でも整理管理する手間が大変な様子がうかがえるので、コンピュータに分類管理させるこの方法は、あらゆる方法に活用できるすばらしいことなので、一度じっくりと観察してみたい。たとえば図書館で見たい本があった場合にコンピュータに探させて、やはりコンピュータに保管場所を指示してもらうことで、探すと取り出すが管理できる。

返却する本もどんどんランダムに棚に保管し、その棚を認識させて検索に反映させる。この繰り返しで効率的に管理保管が出来る。整理しようと考えるからその作業が大変になる。しかし、アマゾンの逆転の発想で管理すればすべてが効率よく、とてもこのシステムはすばらしい!他にも管理しない応用の方法がありそうだ。