お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

◆ サービス

アマゾンが特に宣伝しているサービスとして

送料無料サービス
1500円以上の買い物で送料無料(マーケットプレイスは除く) 代引き手数料は別途必要。
コンビニでの支払い
コンビニエンスストアによる手数料無料の先払いによる支払いサービス。在庫品のみ可能。
Amazonモバイル
携帯電話による通信販売が利用可能。一部機種用に向け携帯電話カメラ機能を使いバーコードを読み取る機能の提供も行っている。
お急ぎ便
一定の手数料を支払うことで特定の時間まで当日発送、一部地域での当日配達を保証するサービス。
等がある。

送料無料については、今でこそ当たり前になっているが、オープン当時は全て無料や、総額5,000円以上で無料など、試行錯誤を重ね、客足が離れない、かつ、採算に見合う総額1,500円以上が定着したものである。これには商品に同封される、様々な企業・団体のパンフレットの広告料が配送コストの原資となり、送料無料を支えているなどとも言われる。

そのほかに特筆すべき特徴として、パーソナライゼーション機能があるだろう。これは米amazon.comによって行われているサービスと基本的に同じであるが、amazon.co.jpによっても有効に機能している。(詳しくはamazon.com、「パーソナライゼーション機能」の項を参照のこと。)

また、近年ではカスタマーサービスへも力を入れている。以前は、amazon.co.jpへの問合せ先は、非常に入り組んだ場所あるいは領収書にしか書かれていなかったため、電話による問い合わせが難しく不評であった。それが、2006年後半より「電話でのお問い合わせ」という機能が新たに作成された。これは各ヘルプページなどにある「電話でのお問い合わせ」というリンクをクリックして表示される画面に「電話番号」と「呼び出しのタイミング」(いつ電話をかけて来てほしいか)を入力すると、アマゾンから折り返し電話がかかってくる、という機能である。無論、従来通りの「Eメールによるお問い合わせ」もそのまま残されている。

もちろんこのほかに、一般的なオンライン書店にもいえる利点、たとえば大型書店のない地域では入手しづらい専門書などについて、取り次ぎ在庫等もデータベースを共有し、豊富な在庫から在庫の有無を確認してから注文することや、在庫状況によっては書店での取り寄せよりも早く入手できるなどのサービスや、地方で数日遅れで店頭に並ぶ書籍を地元書店に並ぶより前に入手したりすることができる、等々のサービスも行ってる。 アマゾンではこの点も重視しており、たとえば人気シリーズのハリーポッターシリーズの一冊ハリー・ポッターと謎のプリンスが発売された際、発売日の午前中お届けを確約するなどアピールをしている。